中学校

不登校の給食費や教材費の支払いは必要?修学旅行積立金の返金はいつ?

いよいよ10月から消費税が10%に上がる関係で、小中学校から学校費の引き落とし金額の改訂のお知らせが届きました。

変更部分は銀行手数料の108円が110円になるだけなのですが…。

その表を見ていてふと思ったのですが、我が家の不登校気味の三男がこのまま学校に全然行かなくなってしまったら納入費が勿体ないですよね。

完全に登校しないのであれば給食費・教材費は止めることができますし積立金も返金されます。

それは分かっていても決断するタイミングが難しいところ。

細かい部分は学校によって対応が違うかもしれませんが、今日はざっくりと不登校の場合の学校納入費について記事にしたいと思います。

どなたかの参考になれば幸いです。

公立中学校の学校納入費っていくら?

教材費と積立金によって差が出る引き落とし金額

事務処理上4・5月と2・3月はまとめての請求になります。

給食費は5月に4・5月分が引き落とされ、夏休みで給食がない8月に9月分が引き落とされて以降前払い方式になります。

よって年10回の支払いです。

1年生の場合

・給食費4800円(5月のみ9600円)

・積立金6000円

・教材費3450円

・生徒会費240円

銀行手数料110円

1回あたり14600円(5月のみ19400円)

年間合計150800円

2年生の場合

・給食費4800円(5月のみ9600円)

・積立金6000円

・教材費1400円

・生徒会費240円

・銀行手数料110円

1回あたり12550円(5月のみ17350円)

年間合計130300円

3年生の場合

・給食費4800円(5月は9600円・3月は2800円)

※積立金がなくなります

・教材費2760円

・生徒会費240円

・銀行手数料110円

1回あたり7910円(5月は12710円・3月は5510円)

年間合計81890円

3年生は積立金がなくなって引き落とし額が減り楽になったように錯覚します。

しかしその分3年生は模試代金や高校見学に関する費用(交通費等)がかかりますのでプラマイゼロと思っておいた方がいいでしょう。

もふ子
もふ子
世の中上手いことできてますね

それはそうと、完全不登校だとしたらこの金額払わないでいいと思うとやっぱり勿体ない!

PTA会費等その他の集金

年1回、5月に引き落とされる額にPTA会費3600円もあります。

そもそもPTAって誰も好んではやりたくないけど子供が在籍してるから渋々感がありますよね。

不登校なら真っ先に要らない額の気も…?

我が家の場合は2年後娘が入学しますし、なんなら私中学校のバザーとか行きたいんですよね(笑)

毒なめこ
毒なめこ
人目も気にしようよ

なのでちょっと迷っていますが、子供が通ってない=PTA行事に関与していないので払わなくていいと思います。

その他の集金

部活動育成費という名目で毎年春に2000円の集金があります。

原則全員入部なので引き落としでもいいような気がしますが何故これだけ集金なのかは謎(笑)

後は部活によっていろいろですが、以前の記事を参考にしてください。

これも不登校=部活もしてないわけですから払わなくていいですね。

集金ならなおさら払えないし♡

もふ子
もふ子
だんだん図々しくなってきました

給食代を払わない手続きはまず学校に相談

学校側から給食を止める提案をしない理由

入学するときに給食申し込み書を提出していると思いますので、やはり学校に止めてもらうようお願いをする必要があります。

学校によりますが、こちらから言わないとズルズル引き落とされてしまうケースが多いようです。

その場合あなたのお子さんのために用意された給食は他のお子さんに食べてもらっている状態になります。

数日ならともかく長期間はやはり考えてしまいますね。

それでも学校側から給食を止める提案をしない理由もちゃんとあります。

受け取り側次第ではありますが「あなたの子供はもう学校に来ないですよね」と断絶されたような悲しい気持ちにさせないようにするためです。

全然行かなくなってしまっても、新学期になったら…。学年が変わったら…。

何かのきっかけでまた通ってくれるのではないかという期待を親は捨てきれないものです。

それを信じて敢えて払い続けてるご家庭も少なからずあるかもしれませんね。

もしくは給食を止めると不登校児童の数が教育委員会に知れて咎められるからでは…という噂もありますが私としては前者かなと思います。(そうであって欲しいですね)

給食の再開はいつでも可能

前項で給食を止めることができない親の複雑な感情について書きました。

しかしこれははっきりいって不経済ですね!

何故なら給食は止めてもすぐ再開できるからです。

さすがに当日は無理ですがお子さんが気にしなければその日だけお弁当でもいいですし、おそらく欠席の子の分もあるはずです。

その分は後払いで納めるとかいくらでも方法はあると思います。

給食のことは気にせずに子供が行きたくなったらその気持ちを尊重してあげてくださいね!

教材費は払い続ける家庭が多い

教材費も希望すれば止めることができます。

使わない教科書やプリント類、家に届けられても虚しいですよね…。

ただ自宅学習で使うご家庭もあるでしょうし、教材は学校側がまとめて注文する関係で時期によっては返金が不可能な場合もあるかもしれません。

給食と違って途中購入も難しそうなためこちらは慎重に考えたいところです。

既にフリースクールや塾に通っていたりする場合は必要ないでしょうから止めてしまってもいいかもしれませんね。

修学旅行不参加の場合積立金は戻る?

返金の時期は学校次第

不登校に限らず、病気等の他の理由でも旅行に参加できなかった場合は後日返金されます

ただその時期は学校によって異なりますので事前に問い合わせをした方がいいでしょう。

早ければ2~3週間の学校もあれば年度末に戻る場合もあるようです。

年度末って遅っ!と思いますが補助金等の戻りも大体待たされるものなのでして…。

その場合は諦めて気長に待ちましょう(笑)

当日キャンセルは全額返金は無理な場合も

旅行に行かないことが早い段階で分かっていれば学校への申し出も迅速にした方がいいと思います。

不登校の原因がいじめや人間関係のこじれによるものであれば、旅行なんて本人にしたら苦痛以外の何物でもないですもんね。

でもなんとなく不登校で行ったり行かなかったりしてる場合は決断できない…

そんなケースだと学校は嫌だけど旅行は行きたいなんて子ももしかしたらいるかも?

毒なめこ
毒なめこ
ただのめでたい奴じゃん(笑)

もふ子
もふ子
可愛くてお母さんのタイプね♡

ただ結局迷った末に当日キャンセルになってしまったら既に手配してしまっている交通機関や宿泊先等、キャンセル料が発生するため積立金が戻らないことは覚悟しなくてはいけません。

当日キャンセルでも全額戻ったり、半額程度しか戻らなかったりいろんな声があるようです。

これも学校(が組んだコース)によりますので確認しておくといいですね。

近年はあまりキャンセル料は取らないような動きになっていると聞いた記憶がありますが…。

まとめ(不登校の親の気持ち)

ここまで読んでいただいて、完全な不登校であれば学校納入費は支払う必要はないという結論に達したことはわかっていただけましたでしょうか?

そう、「完全な」不登校であれば…。

親としてはなかなかその見極めが難しいんですけどね!

本音を言えばお金の問題なんてどうでもいいのです。

休みがちでもいいから登校して、勉強に部活に旅行に思い出を作ってもらいたい…。

ただこれはあくまで親である私の思いです。

最近はテレビでも学校に通うか通わないかは子供が選ぶべきというメッセージがよく流れています。

肝心の本人の気持ちを尊重しなければいけないのでしょうね。

我が家は今後どうなるか分かりませんが、常に子供の味方でいたいという決意が固まってきたところです。