高校

私立高校はお金がなくて行けない?国の就学支援金と県の補助金を利用すれば大丈夫!

貧乏人には縁のない単語、「私立」 (笑) …と思っていたら望む望まないに関わらず入学させていただくことになってしまいました!

小学校、中学校は希望しなければ近所の公立に通学できますがそうもいかないのが高校受験。失敗すれば滑り止めの私立高校に進学するしかないケースがほとんどです。



二次募集のある高校に進学するなど一部例外もありますが個人的にはあまりオススメできません。今回はその理由と、お金がないのに私立高校に進学できるのかについて詳しく説明したいと思います。

中卒で就職させる覚悟はありますか?二次募集で妥協するのはオススメしない理由

私立高校の受験料は高いから受験しない?

お金がないから子供には県立高校しか行かせられない!そう思ってるご家庭も少なからずあるのではないでしょうか?我が家もそうでしたよ…。

そもそも私立高校は受験料だけでも2~3万円と高いですよね。後に県立高校に合格しても当然戻ってはこないので捨てるお金になるわけで、それなら最初から受けないと言いたくなるのも無理はありません。

二次募集があるから大丈夫?必ず合格する保障はある?

しかし県立高校に不合格の場合は二次募集をかける高校を受けるしかありません。それらはたいてい偏差値が低く辺鄙な場所にあるような人気のない高校です。そして足りない生徒を補うだけなので当然数も多くありません。従って偏差値が低かったとしても希望者が集中すれば倍率が高くなりますし、必ず合格する保障などないのです。

「安全圏の高校を受験するから」と滑り止めを確保しない一発勝負のご家庭も実際いらっしゃいましたが、失敗して二次募集も逃したら就職か中学浪人しかありませんからね…。お子様も納得の上なら口出しできることではありませんが私は怖くてできませんでした。

もふ子
もふ子
そもそも次男は勝負の受験だったしね~

言うまでもありませんが偏差値の高い高校を受験する場合は不合格になってしまったとしても優秀なお子さんなわけです。ほとんどの場合は滑り止めの私立高校を確保してると思いますが、お金がないからと言って二次募集の高校で妥協したら進路も大きく変わってくるかもしれません。

大学受験でリベンジするためにも本人がこの先どういった進路を描いているのかをよく話し合い、応援してあげて欲しいと思います。私もそのために役立つ情報があれば日々があれば更新していきたいと思ってます♪

低所得家庭には国や県から授業料や施設費の補助金が!自治体のHPを早速確認

補助金の金額は県によってまちまち

お住まいの県によって額に違いはありますが、低所得家庭には私立高等学校等に通学する生徒がいる場合は経済的負担を軽減するため、授業料や施設費等納付金、入学金の軽減補助が受けられます。

国が授業料への補助を行う「就学支援金」に上乗せする形で、所得要件によっては授業料だけでなく施設費等納付金も実質無償化される場合があります。

幸い我が県は当時補助金の額が全国トップクラスで高かった…!よってかなりの低所得家庭でありながら次男を3年間私立高校に通わせることができました♪

毒なめこ
毒なめこ
てことは高校受験は失敗したのね(笑)

補助対象は県内の高校に通う場合!県外の場合はどうなる?

では、県外の私立高校に通う場合はどうなるのでしょうか?実際我が家の長男は滑り止めは県外の私立高校を選択していました。

この場合お住まいの県の補助は受けられずに通う高校がある県の補助を受けることになります。

もふ子
もふ子
何ももらえないわけではないのね!

前述のように「我が県は」トップクラスだったため、もし長男が受験に失敗して県外の私立高校に通っていたら次男ほどの手厚い補助は受けられませんでした。

お金のことで高校を決めるのも本意ではありませんが、滑り止めなのであまりこだわりがないのであれば補助金という視点から受験する高校を検討してみてもいいかもしれませんね!

実質無料にならない私立高校の出費あれこれ

まず必要な入学金が高い

全ての県は調べきれませんので、あくまで我が県の場合です。入学金は20~30万円のところ一律10万円の補助があります。

しかし問題なのは補助金が振り込まれるのはかなり後ということです。

最初から私立専願ならまだしも、県立高校に不合格の場合は落ち込んでる時間もなく親はお金をかき集めて振込に走らなければいけません(笑)実際経験しましたが、忙しさが辛さを忘れさせてくれると考えればいいのかも?

毒なめこ
毒なめこ
一番辛いのは本人だから!

私立高校の修学旅行費用はいくら?行き先が海外だと高い!

我が県の場合、修学旅行費は補助の対象外でした。

幸い国内を選択することができたので10万円強で済みました。授業料の支払が4期に分かれていたので、修学旅行費も4等分で上乗せされて、一年生で全部支払いました。このあたりは高校によって違いがあるかと思います。

そして通常私立高校の修学旅行は行き先が海外と決まっている場合が多いです。次男の高校ではもし海外を選択していたら30万円くらいかかりました。

ほとんどの子が海外だったらどうしよう…と心配しましたが、2/3が国内を希望していたのでホッとしました(笑)私立だからといって全家庭がお金に余裕があるわけじゃないですよね!

私立高校は寄付金が必要?

生徒会費や父母会費等、強制のものが年間数万円ありました。あと一応進学校だったので割と頻繁に模試代がかかりましたがこれは各自でした。これは県立高校も同じかと思います。

あと私立高校の特色として部活に力を入れているため、寄付金をお願いされるかもしれません。任意のところも多いかとは思います。実際我が家は一度も払ってませんが困ったことはありませんでしたよ(笑)

例えば野球部が甲子園に出場するような高校だと寄付金のみならず応援も強制だとか聞いたこともあります。地方から駆けつけるとなれば費用がかかりそうですよね!全ての私立高校に当てはまるわけではありませんが、あくまで参考までに。