大学

私立大学費用は高い!入学金や授業料、最初に必要なお金は最低いくら?

子育てにはお金がかかります。特に大学費用。このことはお子さんがまだ小さいご家庭でも漠然とご存知だとは思います。でもまだ先のことだし…と甘くみていると我が家みたいに大変なことになりますよ!

児童手当をそのまま学資保険の掛け金にまわすだけでも安心感が持てますよ!教育費の総額は高くても初年度に必要なお金だけなら最低100万円~あればどうにかなりそうです。

入学後は奨学金を利用するなど検討してみてはいかがでしょうか。どちらにせよ今から具体的に教育費がいくら必要で、今から月に何万円貯めればその額に達するのかを考えておきましょう。読み進めていただければ「貯められるだけ貯めておいたほうがいい」という結論に達すると思いますが…。

それくらい大学費用の総額は高額なものなのです!

国公立大学の入学金や授業料

家計に余裕がないなら国公立大学一択

我が家は子供四人。全員が私立大学に進学するとしたら家が建つ金額になります(笑)←笑ってる場合じゃなくてそうなるかもしれません!

そもそも共働きでも我が家の年収では一人大学に行かれるだけでもキツいくらいでした。

特別優秀でもないのに無理して大学に行く意味もないだろうと思いませんか?

我が家も当初は高校まではオール公立で大学進学するなら国公立のみ!どうしても私立大学に行きたければ自分で奨学金を借りて返済してもらうつもりでいました。

得意教科があれば進学すべき?就職に有利な私立大学も豊富

しかし私は短大卒、旦那は高卒。そして夫婦揃って理系科目がてんでダメでした。自分たちのことは棚に上げて子供たちに偉く語れる立場ではありません。

それに自分が大人になって小さい子供がいても外に働きに出ることが必要になった時、学歴も資格も何の武器もなく困ったのも事実です。

それらを思うと国公立大学でなくても就職に強そうな私立大学はたくさんあるわけです。そこに入れる学力があるのなら応援してあげたいと思い直すようになったのでした。

特に長男には子供のころから将来の夢がちゃんとあったのです。

もふ子
もふ子
数少ない褒めポイント!

理系科目はダメでしたが文系科目が偏差値70を出すこともありました。それなのに国公立に行けないからという理由で進学を諦めさせるのは勿体ないように思いました。

そうなると当然きょうだい公平にの視点から全員が私立大学に進学しても文句は言えないどころか同じように応援という名の金銭的援助をしなくてはいけませんよね?

そんなわけで現在教育費地獄という深い沼に片足を突っ込んでいる状態なのです。

国公立大学の授業料は私立大学よりかなり安い

学費の安いイメージの国公立大学ですが入学金は28万2000円。県立高校と比べたら格段に高い金額ですね。私立大学も入学金は同じくらいなのですが、差がつくのは年間授業料です。国公立大学は53万5800円なのですが私立大学と比べるとずっと安いのです。

赤ちゃんのうちに学資保険などで無理ない金額の月1万円~から貯めて200~300万円を準備するご家庭が多いと思います。

国公立大学に四年間通うとしたら入学金と授業料の合計で242万5200円。

その他教材や実習費用等がかかったり交通費や食費も必要ですがどうにか賄えそうではありますね。後者は子供がバイト代から出すご家庭もあります。

しかしこの金額はあくまで「国公立大学の場合」ということを忘れないようにしてください。

私立大学の入学金や授業料

大学入学一年目で貯金は激減

私立大学に進学するということは合格する以前に高額な受験料や滑り止め大学への入学金(捨て金)で貯金が目減りしているかもしれませんがここでは割愛。

大学受験はお金と日程が許せばいくらでもチャレンジできるので、なかなか合格しないと焦ってつぎ込みがちになりますが間違っても使い切ることのないようにしてくださいね!

晴れて合格したら私立大学の入学金は約30万円です。国公立大学と違い大学や学部により金額はバラバラです。

学費は一般的に理系のほうが文系より高いです。

その分就職の際に受け入れ企業が多いというメリットがありますね。私立の医学部はごめんなさい、我が家には縁のない世界で分かりません(笑)ただ知人が受験料だけで6万円とか7万円って言っていた記憶があります。

毒なめこ
毒なめこ
控えめに言ってぼったくり?

うちの長男の場合は文系学部で前期授業料が約70万円でした。振込期日は4月末です。つまり入学金と前期授業料の合計約100万円は奨学金を借りるにしても間に合わないのです。

ちなみに前期分に施設充実費的なものが含まれているため、後期授業料は前期より安く約45万円でした。

我が家の場合私立大学(文系)の初年度の学費はざっくり合計115万円。

繰り返しになりますが理系学部はもう少し高くなります!

寄付金など他にかかるお金

振込用紙は全期分と半期分が送られてくると思いますので、払えるご家庭は一括でよろしいかと思います。我が家は分割一択です(笑)

もふ子
もふ子
どうせ払うのにね

あと同窓会(4万円ほど)や父母会費(1万円ほど)の振込用紙が当然払うかの如く同封されていましたが調べてみたら任意っぽかったので払っていません。

一応本人にも確認して「同窓会とか別にいい」という返事だったことも書き添えておきます。親の勝手な判断で後々子供が困るのもかわいそうですからね。

寄付金の名称も大学によって違うでしょうし、例えば寄付しないことによって大学の何かのイベントに参加できないとか就職情報が入ってこないなんてことがあったら困りますのでよくお調べになってくださいね!

HPとかにも詳しく書いてない場合が多いので、入学後先輩に聞いてみる方が確実かもしれません。大学側は振込期日を過ぎての納入も喜んで受け取ることでしょう。

毒なめこ
毒なめこ
振込用紙、年数回送られてくるもんね

大学費用、子供に一部バイト代で負担させてもいい?

国公立、私立にかかわらず教材、交通費、昼食代についても負担の大きいところです。前述したようにこれらは子供のバイト代から負担してもらってるご家庭も多いみたいですし、個人的には大賛成です。





ただお子さんの学部によっては(特に理系)授業が忙しくなかなかバイトができないなんて声もよく聞きます。親としては大学生にもなればバイトくらい…と思ってしまいますが単位を落として留年なんてことになっては本末転倒。

何倍もの余計な授業料がかかりますしお子さんとよく話し合われてくださいね。

うちの長男もバイトはしていますが文系でも比較的忙しい学部で部活もあるのです。そのためあまりシフトに入れず、バイト代は部活費用と交際費、たまに洋服を買ったりで残らないという理由でなんとなくいろいろ親が負担させられています…。

困ったときの日本政策金融公庫

どうしても入学時のお金が足りそうにないご家庭には日本政策金融公庫(国の教育ローン)をオススメします。手っ取り早いのはカードローンや銀行の教育ローンですが金利が高いので安易に手を出さず最後の手段にしましょう。

国の教育ローンは奨学金の次に金利が安い比較的安心な方法だと思います。名義は親ですし、保証料はかかりますが保証人をたてる必要もなく最短3週間ほどで融資が受けられます。

ただ春は当然混み合いますので早めの行動が必要です。大学進学の場合は合格通知(滑り止めでも可)さえあれば申し込めますのでご検討くださいね。