不登校に最適な塾選び…個別指導・集団塾・家庭教師を徹底比較 | リアル☆教育費

不登校に最適な塾選び…個別指導・集団塾・家庭教師を徹底比較

家庭教師 塾 費用 不登校 おすすめ

短い夏休みももうすぐ終わってしまいそうで、子供たちの夏休みの宿題の進捗状況が心配な檸檬(@mamalemonbomb)です。

思えば去年は三男は全くやっている気配がなく…不安は的中してそのまま不登校が再発してしまったのでした。

でももう親がどうこう言ったからってやる年齢でもありません。

今年も口出しはしていなかったのですが、なんと自分から進んで取りかかってはいる様子!

まだまだ休みがちではありますが、できる範囲で頑張っていることやテストもちゃんと受けたことを考慮されて通知表も思ったより悪くなかったんですよね。

もふ子
もふ子
まあほとんどアヒルちゃんですが

もしかしたら本人もそれで多少やる気を出す気になったのかもしれません。

信じられないことに「塾に行こうかな」とまで言い出したんです。

もう少し早く目覚めてくれてたら、夏期講習に間に合ったんですけどね…。

毒なめこ
毒なめこ
夏期講習からそのまま入塾が料金的にもお得なのにね

でも何せ三男は1年生の半分以上はまともに通えていませんから基礎学力がありません。

そのような状態で通うとしたら受け入れてくれるかどうかも確認が必要ですし、どうせならゆっくり考えたい気持ちも。

我が家にとっては塾の費用は高額ですからね!

でも塾に通うタイミングとしては中2の夏はベストだと思っています。

我が家の塾選び、どなたかの参考になれば幸いです♡

料金は高いけど個別指導がおすすめの理由

個別指導塾のメリットとデメリット

メリット

個別指導塾は基本的に教師と生徒が1対1です。

(もしくは教師1人に対して生徒が2~3人)

これなら生徒の学習理解度に応じて柔軟に対応してもらえます。

理解できない部分があれば基礎に戻って、しっかり知識が身についたうえで先へと進むことも可能です。

デメリット

上記のようなメリットはありますが、それだけ時間を割いてもらうことになるので料金はどうしても高くなってしまいます。

そして基本的に1人で学習するため競い合って刺激を受けたりすることがありません。

学校や模試で受けるテスト結果で自分を奮い立たせることができれば問題ないかとは思いますが、お子さんの性格によるところもありますね。

集団塾のメリットとデメリット

メリット

個別指導塾の裏返しにはなりますが、集団のほうが楽しく通えるという子もいます。

ここでは不登校の子に最適な塾選びというテーマで記事を書いていますから、該当する子は少ないかもしれません。

でも中学校に通うのは嫌だけど塾は大丈夫という子も多いようです。

違う学校のことも知り合えますし、先生との相性もありますからね。

そして集団のほうが料金的にはリーズナブルです。

お子さんの希望を聞いて問題ないようでしたら集団塾のほうが親には嬉しい?

もふ子
もふ子
あくまで金銭面においてね(笑)

デメリット

集団で学習するため1人の子の理解度が遅れているからといって、その子に合わせてもらうことはできません。

授業が終わってから質問することは可能だと思いますが、不登校の子にそのような積極的なことができるかどうかは多少疑問。

毒なめこ
毒なめこ
不登校じゃなくても難しい年頃ですから…


個別指導に比べればリーズナブルとはいえ高い塾の費用。

授業についていけずに放ったらかされたはお金の無駄ですし、何より本人のやる気をなくすことにもなりかねません。

不登校でも通信教育等で基礎学力がしっかりついている子ならいいかとは思います。

現時点で不安があるようでしたら、費用は割高になりますが個別指導もしくは面倒見のいい小規模塾をおすすめします。

地域によっては不登校児童向けの塾も

数は少ないかと思いますが不登校・ひきこもりの子の復学支援を積極的に引き受けてくれる塾もあります。

「学習支援塾」や「学習支援教室」で検索なさってみてください。

その子のやる気・学力次第で難関校への進学支援も指導可能。

お住まいの地域にこういった塾があれば申し込みしやすいですよね。

このような学習支援塾では同じように不登校の時期があったり、過去に挫折しながらも克服してきた経験を持つ先輩が講師として活躍しています。

学習指導だけでなく悩みごとを聞いてもらえたり心のケアも可能であれば心強いですね。

もっとこういった施設が増えてほしいと思います。

最適な家庭教師が我が家には無理な理由

費用が高いから無理!

この記事を読んでくださってる人の中には、子供のためなら教育費は惜しまないという家計に余裕がある方もいらっしゃるかと思います。

そういったご家庭なら当然家庭教師もありなんですよね!

不登校で引きこもり度が高い子はそもそも塾に通うこと自体がハードルが高いかもしれませんし。

費用が高いといっても派遣してくれる会社はたくさんあるので料金はピンキリです。

個別指導塾のほうが授業数によっては家庭教師以上に高くなるかもしれません。

見積もりだけなら無料ですので問い合わせてみてくださいね。


合うか合わないかを見極めるため最初はお試し期間で無料だったりしますし、ちょっと揺れないでもないんですけどね…。

もふ子
もふ子
基礎に追いつくまでの短期間限定とかならアリかも?

家が汚いから無理(笑)

しかしたとえ費用面をクリアしたとしても、我が家は子供4人のプチ大家族。

しかもそのうち3人男子で全員デカい。

お分かりですよね…家の中は常に散らかっていることを!

毒なめこ
毒なめこ
ドヤるとこじゃないでしょ

塾の費用を稼ごうと思ったら共働きじゃないと無理なんですが、それだと平日掃除はできないわけですよ。

ちょっと来てもらう先生にも申し訳ないレベルなので(笑)残念ながら我が家には家庭教師の選択肢はないというわけです。

チェンジしづらいから無理?

家庭教師といえば重要になってくるのが派遣される先生との相性

何しろ1対1ですので、合わないと最悪ですよね。

それを避けるため最初に簡単な希望は聞かれるかと思います。

もふ子
もふ子
男性とか女性とかね

でも実際指導を受けてみて、教え方がわかりづらいとか気になる点が出てくることも。

そうなった場合先生を変えてもらうことも可能ではありますが、なんかその人に悪いし気まずいですよね!

逆恨みとかされないだろうか…。

毒なめこ
毒なめこ
チキンというか極度の心配性?

まあ結局私が人見知りで、あまり関わりたくないというのもあるんですけど(笑)

そんなわけでこの記事を書いた時点では安い個別指導か小規模集団塾を探そうと思っていました。

後日運命的な塾に出会った話もこの流れで読んでいただけたら嬉しいです♪

塾選びって本当に悩みますよね!

地域と密着していて検索では出てこない隠れたいい塾もあるので、時間があればじっくり調べるのがベストです。

お子さんに合ったいい塾が見つかることをお祈りしています。