プロフィール

できちゃった婚で子供4人!フリーターから正社員になっても生活苦な波乱万丈プロフィール

できちゃった結婚 子だくさん 生活苦

プロフィールから読む人ばかりじゃないでしょうが初めまして♡

関東地方在住そろそろワーババ?になりそうなワーママです(笑)

男、男、男と思いきや最後に女の子に恵まれ4兄妹を育てており幸せいっぱい…

と言いたいところですがまあ子供が多い分お金はかかりますよね!

フルタイム正社員で働いていますし家計の見直しもマメにしているんですけどね~

そもそも母親って自分<子供ですから教育費は特に高額になりがちです。

このブログでは教育費をメインに子育てにかかるお金の情報を発信しながら、奨学金等国や県の補助を上手に利用したり♡

ストレスにならない簡単な節約方法や、隙間時間で苦にならない副収入の情報などをお伝えしていきたいと思います♡♡

※なかなか副収入カテゴリーを充実させる域まで辿り着かないため気長にお待ちください

待てないよ!って方はお暇なときにでも下記のブログを参考にしてください。

なんとなくどうやって副収入を得ているかと、オマケに私の人柄も分かるかもしれません。

どうぞよろしくお願いします┏〇ペコッ

書くほどでもない?結婚前&人生が激変した妊娠

0歳~22歳

不要な情報だと思うので結婚前の歴史はバッサリ省略します(笑)

もふ子
もふ子
潔い!

が、家庭の事情…まあ一言でいえばお金がない」ため四年生大学の進学を諦めたことは後に私が底なしの教育費地獄に片足を突っ込む布石となるのでした。

あの時の気持ちを子供にはさせたくない

その思いから奨学金は利用することになってもできる限り親が返済してあげたいと思っています。

もちろんちゃんとした目的があった場合で、学力もないのにどこでもいいから行きたいなんて言ったら容赦なく自分で返済させますが(笑)

奨学金は名義も子供ですし、本来は学生自身が責任をもって返済するべきものですよね。

このあたりは各ご家庭によっていろいろな考えがあることは承知しております。

ちなみにカッコいいことを言ってますが子供が4人もいたら一生働き詰めということを意味するなんて若い頃は全く気付いてませんでした!

現在も全員大学進学したら家が建つ金額だからちょっと無理かも?と弱気になっていたりします…。

それでも借りちゃったものは返さないといけないわけですから「できるかな?」ではなく「やるしかない!」と、謎の強気でいけるところまでは頑張ります♪

23歳フリーター

3年付き合った倦怠期気味の彼氏(現在の旦那)との別れを阻止するべく(?)長男がお腹に宿りました。

いわゆるできちゃった婚だし彼氏もまだ正社員になったばかり。

お互い貯金どころか生活力すらありませんでした。

冷静に考えたら茨の道なのは分かるのですが、葛藤の末に私の母性本能が勝利!

長男が産まれてきてくれたからこそ今の家族があるわけで、そういう意味では初めての子ってやっぱり特別な存在ですよね♡

あの時お金がないからなんて理由で諦めなくて良かったと心から思います。

しかし予想通り茨の道に変わりはありませんでした(笑)

現在は傷だらけになっていますが家族6人、なんとか生活しています。



ちなみに後悔というほどのものでもないのですが一つだけ。

結婚式は諦めましたが(というか面倒くさかったからやらなくてよかった)すっかり疲れ果ててしまった今、若くて綺麗なうちに写真だけでも撮っておけば良かったかな?とは時々思います。

毒なめこ
毒なめこ
綺麗…?



ウェディングフォトとベランダの屋根とかはいつか~なんて後回しにしちゃうとそのままになりがちです。

もし結婚前の方が読んでくださってたら後悔することのないように気を付けてくださいね!

一人っ子?きょうだい育児?メリットやデメリットを考える暇なくやってくるコウノトリ

24歳長男出産

妊娠も予定外でしたが初産なのに3週間も早く産まれてとことんサプライズ体質な長男でした。

翌日旦那が西松屋にベビー服を急いで買いに行ってくれたっけ♡(ほのぼのエピソード)

でも私は身長が低いため骨盤も小さめで帝王切開になる可能性が高いと言われていたんです。

もしかしたらそうならないために急いで会いに来てくれた親孝行な子なのかな?なんて思ったりしましたが長男自身も早く産まれた分約2600gと小柄ちゃんに…。

おかげで母乳がうまく飲めない→パンパンに張る→乳腺炎でダウン(笑)

高熱は出るし赤ちゃんの世話はしなくちゃいけないし、帝王切開とどっちが楽だったんだろうってくらい辛かったです…。

結局プラマイゼロ?

26歳次男出産

長男に負けじと次男も母乳が止まった途端に授かるという、おめでたいながらも心の準備がないままの妊娠でした。

もちろんすでに結婚しているので出産に迷いはありませんでした!

しかし家族設計とか考える暇もなく激流に流されるかのような感覚の結婚生活…。

長男が早生まれなため2学年差にはなるもののほとんど年子。

休む暇もなく育児に追われ病気になれば必ず感染る(笑)

もふ子
もふ子
ある意味本当仲良しだったのね♡

とても大変だったはずですが仲良く遊ぶ2人を見て幸せを感じる日々でした。

27歳パート

この頃旦那の給料は手取りで約20万円ほど。(恐ろしいことに今もあまり変わりません)

ただ当時は3DKの団地暮らしで家賃が4万円ちょっとと近辺の相場からしたら激安。

建物は古いけど銀行やスーパーや公園が目の前にあるような便利のいい場所で満足はしていました。

車も当時近所に住んでいた義父に必要な時だけ借りていたため、旦那の給料のみでも3年間は専業主婦でなんとか暮らせていました。

しかし最上階に住んでいたので生活音で周囲に迷惑をかける予感しかなかったことからマイホーム購入を考え始めました。

子供たちの将来のために貯金も必要かと、まずはパートを探し始めました。

仕事が決まらなければ保育園に入れないけど、預け先がなければ雇ってもらえないジレンマは既にこの時代から…。

令和になったことだし国もさっさと対策を考えて欲しいですね!

うちの場合は幸い旦那が夜は必ず家にいるため、最初はしばらくファミレスで深夜の時間帯に働くことにしました。

そうして得た信頼関係のついでに就労証明も得て(笑)

保育園に無事入所が決定してから(さっさと)転職したのでした♡

毒なめこ
毒なめこ
昔から合法スレスレ!

それでも最初は兄弟別々の保育園に通う時期があったり

最低賃金のパートすら落とされたり

子供の病気で休むことの申し訳なさに耐えきれず辞めたり…。

聞くも涙、語るも涙の物語ですが長くなるため割愛しますね(笑)

とりあえず周囲に頼る人が誰もいないが故のワーキングマザーの試練は一通り体験したと思います。

でもそれを乗り越えてきたからこそ今の私があるわけで、過ぎてしまえばいい思い出なのです!

もふ子
もふ子
強引!

正社員はやっぱり安定♡そして生活苦ゆえ辞められなくなる社畜生活

28歳正社員

それにしてもパートや派遣の扱いってやっぱり社会的弱者と言わざるを得ませんよね?

年齢の近いママさんが多くてそこそこ居心地がよかったパートも、一年くらい経ったある日突然会社都合で一方的にシフトを減らされるようになりました。

立場上文句は言えず、でも生活費が足りないのは困ります。

やむなく転職先を探すべくハローワークに出向くことになりました。

全然パートで構わなかったのですが、たまたま近所で資格も経験も不要で正社員なのに残業なし事務職の求人を発見!

ダメ元で応募してみたら倍率10倍~だったのに何故か採用されるという奇跡が起きました♡

後で聞いたところによると「生活がかかってるから辞めなさそう」というハンデだと思ってた子育てがまさかのメリットになったという驚きの理由でした(笑)

当時はめちゃくちゃ感謝しましたが、もしかしたらこれを理由に私の扱いだけ雑なのかもしれません。

何しろ安月給・昇給なし・ボーナスほぼなしの三重苦(笑)

定年までいたとしても退職金も雀の涙ですが、出勤さえすればカレンダーに左右されず月給だけはいただける。

「安定」の二文字にすがってストレスフルな社畜生活を継続中です…。

29歳マイホーム購入

押しの強い義父の勧めで突然マイホーム購入。

30歳になる前に購入しておいた方がいいとの理由だけで、別に援助してもらったわけでもなく頭金なしの諸費用すらローンという若い夫婦の無謀な買い物が成立(笑)

一生に一度の買い物なんだからもう少しゆっくり選びたかったですが、何しろ予算は限られており時間をかけてもいい物件は出てこなかったような気もするのでこれまた結果オーライかなと☆

日当たりと駅から徒歩圏のみこだわりましたがさほど愛着もない家に手付金20万のみかき集め

当時危険と言われていた変動金利の35年ローン!

でも旦那のみの名義で借りたため正社員共働きになれば返済額も無理ない範囲で大丈夫!という謎の自信がありました。

そして数年後に一度借り換えした際、高い利息の諸費用ローンもまとめるのに成功。

無駄な金利はなくなりましたが、現在もまだ残り20年ほど残る住宅ローンの重み…。

それでも結果としてはずっと低金利のままだったし、狭い団地で子供4人を育てるのはどう考えても無理だったのであの時思い切って購入して良かったです♡

つくづく仕事もマイホームもご縁ってやつなのでしょうね。

毒なめこ
毒なめこ
綱渡りぶりがやばたにえん!

32歳三男出産

マイホームを手に入れたから、というわけではないのですが女の子も育ててみたい♡という気持ちがムクムクと湧いてきました。

金運がない分妊娠運だけはあるのでしょうか?

幸いまたすぐ授かることができたのですが気になる性別はまた男の子でした。

産み分けも何もしていなかったし、1/2の確率が3回続いても不思議じゃありませんもんね…。

がさつな私は男の子育児が向いてるということだろうとすぐに切り替え、それなら末っ子として溺愛してあげようと思いました♡

今までで一番大きい3450gの三男は、小柄な私では吸引分娩になってしまいました。

痛かったけどなんとか無事出産、戌年産まれの三男はまんま仔犬のような顔で本当に可愛かったです!

何より3人とも無事出産できたことに喜びをかみしめていました。

ところがわずか1年半後には思わぬ展開が…!

34歳長女出産

三男出産の際、零細企業で無理を言ってなんとか育児休暇第1号をもぎとっていた私。

期間は半年間だけとはいえ少ない人員の会社で迷惑をかけたと思っています。

それなのに復職して間もない時期にまさかの第4子妊娠が判明しました。

本来喜ぶべきことなのですが、報告するのも心苦しく会社は辞める覚悟でした。

産まない選択はないけど旦那の(少ない)収入だけで4人育児なんてできっこありません。

一時的に生活保護になるかも?とまで思い詰めて、すぐに喜んであげられなかった自分がお腹の子にも申し訳なくて結婚生活トップクラスの暗黒期でした。

実際社長に報告した時は思いっきり迷惑そうな態度を取られましたよ!

しかしそこは正社員ゆえ、揉めると面倒と思われたのかもしれませんが擁護してくださる上司もいたのです!

辞めずに済むならまた半年しか休めなくてもいいや(笑)

そんな感じでやり過ごして、なんとか2回目の育児休暇取得に成功したのでした。

余談ですが社長からの出産祝いは激減しましたが気にしていません♡

もふ子
もふ子
根にもってる…!

そして結婚10年目にスイートテンの代わりに念願の女の子を授かるという嬉しいサプライズが待っていたのでした。

我ながら恐ろしいほど波乱万丈な綱渡り生活ですが、娘はダイヤモンド以上の眩しさで(誇張)すくすくと成長していて結果オーライ?



ちなみに私の薬指には目を凝らさないと見えないほど小さなダイヤモンドがあしらわれた結婚指輪がはめられています。

これは結婚が決まった時に旦那さんが私のために買ってくれました。(ほのぼのエピソード2回目)

全然お金がないのにどうしたかというと、一発必中で競馬で当ててくれたんです♡

毒なめこ
毒なめこ
ガチの実話らしいよ

愛の力ってこういうことなんでしょうね。(ほのぼの消滅)

思い返せばこの頃から私たち夫婦の綱渡り生活は暗示されていたのかも…?

未来が見えない教育費地獄の現在!それでも子だくさん生活は幸せだと伝えたい

人生は計画的にはいかないからこそ面白い

指輪の奇跡はさておき、長男も今では大学生になりました。

結婚当初よりは収入が増えても、それ以上に支出も増大するばかり…。

結局貯金もできないまま教育費が莫大な額になってきてそろそろロープから落っこちそうです!

かろうじてそれぞれ学資保険だけは加入していましたが、満期200万円では大学進学した場合全く足りないという現実に直面することに。

しかも上2人に関しては塾や部活費用で半分くらい目減りしてしまっていました。

奨学金にしろ教育ローンにしろ、その分当然貸与額が増えるわけです。

ここから4人もの子供を無事巣立たせるには一体いくらお金がかかるのやら…?

できることならサクセスストーリーとして読者の皆さんに伝えたいのですが、何せ現在進行形で苦しんでいますのでどんな結果になるかは分かりません(笑)

引き続き温かい目で見守っていただけましたら幸いです♡

お金に対する私の考え方と生き方

お金は生きていくうえで本当に必要ですし、ないよりはあればあっただけいいです(キッパリ)。

でもだからといって笑顔をなくしたり体を壊すまで働くのは私は絶対反対です。

子供が一番求めているものはお金じゃなく愛情です。

お金にとらわれて貴重な子育ての時間がなくなってしまっては意味がないと思いませんか?

それくらいなら奨学金や教育ローンを借りることになっても返済すればいい話です。

もちろん無謀な金額でないことが前提ですが…。

我が家の場合は4人兄妹でなければ金銭面ではもう少し生活は楽だったかもしれません。

でもその代わりお金以上に価値あるものを多く手に入れたと思っています。

むしろ子供が多いからこそ元来怠け者の私が頑張って働くことができるのです。

実際私がポイントサイトやアフィリエイトでお小遣い程度の収入を稼ぎ始めたのも娘を出産してからなんですよね。

無理なく楽しく暮らしながら子供4人の教育費を稼ぎ自立させてあげることが私の目標です♪

このブログの情報がどなたかのお役に立てれば嬉しいです。

今後ともどうぞ檸檬(@mamalemonbomb)をよろしくお願いします(∩´∀`∩)